院長ブログ

    

仕事柄患者さんの体にふれる事が、多いのですが随分多くの方が体が冷たいのです。手足のほかに腹部、腰などです。そういう人は色々な所例えば腰、首、肩、背中、頭痛といった所の複数の個所をつらいと言って来院されます。そういう方達に色々話しを聞いていくと共通している事が一つあります。それはいつも冷たい物を毎日口にしているという事です。コーヒー、ジュース、お茶、ビール等一年中飲んでいます。冬の間も同じです。私はそこでまず冷たい物を出来るだけ控える様に

続きを読む

       
    

人間の頭の重さは約5kgといわれている。ボウリングのボール1個分です。起きている間中その重さを首だけで支えているので首の負担は相当なものになる。さらに首につながってぶら下がっている両方の腕は体重の8分の1程度の重さがあります。そして腕はただぶらさがっているだけではなく色々なもの持ち上げたり力を入れて何らかの動作をします。首や肩には相当な負担がかかっています。首や肩にしっかりした筋肉があれば肩こりは感じないかもしれませんが現代人は運動不足

続きを読む

       

2013年08月1日

    

日本には現在約1.000万人の腰痛患者がいると言われています。『椎間板へルニア』『脊柱管狭さく症』『腰椎すべり症』など病名は様々ですが画像と原因が一致する例は少ないのが現状です。原因が特定できる腰痛は15%未満と言われています。残りの85%は原因不明という事です。(読売新聞2005年12月2日付)  しかし、私達は腰痛の主たる原因は仙腸関節の働きが悪い事とそれにともない筋肉が硬結し血流が悪くなり、痛みが発生すると考えています。実際に仙腸

続きを読む

       

2013年05月1日

    

女性は女性ホルモンに筋肉を発達させない働きがある為男性より筋力が弱く脊柱や骨盤に負担がかかりやすい体質といえます。特に妊娠、出産の前後に仙腸関節が機能異常や炎症を起こしやすくなります。出産のときは、子宮から赤ちゃんが狭い産道を通って生まれる為妊娠するとリラキシンという。女性ホルモンが分泌されて骨盤の靭帯や仙腸関節などの結合組織筋肉をゆるめ骨盤を広がりやすくして赤ちゃんが安全に産道を通過できるように準備します。そのため赤ちゃんを出産すると

続きを読む

       
お問い合わせはこちら